TOYOTA、スペイドを一部改良し、安全装備を充実

あわせて、サポカーS<ワイド>の特別仕様車を設定

 

TOYOTAはスペイド 特別仕様車 F“Noble collection(ノーブルコレクション)”を設定し、7月3日に発売しました*1

スペイド 特別仕様車 F“Noble collection”(2WD)<オプション装着車>
スペイド 特別仕様車 F“Noble collection”(2WD)<オプション装着車>

 

今回の一部改良では、予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用しました。また、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する安全機能インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を設定(オプション)しました。 外板色においては、モノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定しました。 そのほか、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離情報などの視認性を高めるなど、魅力を高めました。

また、特別仕様車 F“Noble collection”は、Fグレードをベースに、革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどを特別装備し上質感を高めるとともに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を特別装備しました。

今回の一部改良により、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]装着車は、「セーフティ・サポートカーS(通称サポカーS)」の「ワイド*2」に相当します。

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においても、ベース車と同様の改良を施しています。

 

*1 取扱い販売店:全国のトヨタカローラ店、ネッツ店、ならびに下記東京地区販売店 東京地区取扱い販売店:トヨタモビリティ東京(株)、トヨタ西東京カローラ(株)、ネッツトヨタ東都(株)、ネッツトヨタ多摩(株)

*2 経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に特に推奨されているクルマ。自動(被害軽減)ブレーキ搭載車を「セーフティ・サポートカー(通称 : サポカー)」、さらにペダルの踏み間違い事故防止機能などの搭載車を「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」とし、高齢者を含む全ての運転者へ推奨している。「サポカーS」は自動(被害軽減)ブレーキの機能に応じて3つに分類されており、「ワイド」は自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)、ペダルの踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、自動防眩型前照灯などの先進ライトを搭載するクルマをいう

 

詳しくは、トヨタ自動車のニュースリリースをご覧ください。

スペイド 車両情報はこちら https://toyota.jp/spade/
スペイド F“Noble collection” 車両情報はこちら https://toyota.jp/spade/grade/special/
スペイド ウェルキャブ 車両情報はこちら https://toyota.jp/spade/welcab/

[ 全店共通 ]

営業時間 9:30~18:00休業日イベント開催日