TOYOTA、新型スープラを発売

外板色マットストームグレーメタリックの「RZ」、本年度分商談申込を Web 限定で受付

  • ピュアスポーツカーとしての基本性能を追求した車両パッケージ
  • スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトの特長を活かしたデザイン
  • 走りを支える技術と、世界の道で鍛えた運動性能
  • 先進の予防安全性能と、「安全・安心」「快適・便利」なコネクティッドサービス
  • 新たなクルマの楽しみ方を提案する「TOYOTA GAZOO Racing Recorder」

TOYOTA は、新型スープラを、5 月 17 日より、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売しました。なお、外板色“マットストームグレーメタリック*1”の「RZ」において、本年度生産分 24 台の商談申し込みを、5 月 17 日(金)13:00 から 6 月 14 日(金)までの約1ヶ月間、Web 限定*2で受け付けます*3。商談順は、抽選の上、新型スープラが参戦する第 47 回ニュルブルクリンク 24 時間耐久 レース決勝当日(6 月 22 日~23 日)に発表します。

スープラ RZ(外板色マットストームグレーメタリック)<オプション装着車>
スープラ RZ(外板色マットストームグレーメタリック)<オプション装着車>

新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racing が展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となる グローバルモデルです。2007 年にドイツのニュルブルクリンク 24 時間耐久レースに初めて参戦してから現在まで、モータースポーツを通じて人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んできました。これまでの取り組みで TOYOTA GAZOO Racing が蓄積してきた知見やノウハウを注ぎ、 お客様に心から走りを楽しんでもらえるクルマ「GR Supra*4」として新たに誕生しました。

今回、新型スープラは、BMW 社との包括提携*5による初の商品であり、マグナ・シュタイヤー社 グラーツ工場(オーストリア)で生産しています。海路にて運ばれた後、トヨタ自動車元町工場を経由し、日本中のお客様にお届けします。

5 代目*6となる新型車は、2002 年に生産終了してから 17 年ぶりの復活です。初代スープラ*6が 1978 年に誕生して以降、どの世代でも直列 6 気筒エンジンを積んだ FR 車であったことは共通しており、新型車でもこの 2 つを継承しました。加えて今回は、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の 3 つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現しました。

*1 別途オプション価格として 320,000 円(消費税込み)が必要

*2 https://toyotagazooracing.com/jp/form/supramattestormgraymetallic_agreement.html

*3 来年度生産分以降の販売方法は未定

*4 マーケティング活動における名称。国土交通省への届出名称は「スープラ (Supra)」

*5 2013年1月締結

*6 1978 年初代発売。日本ではセリカ XX (ダブルエックス) として登場。
国内における初代スープラ(1986 年発売)は、グローバルでは 3 代目にあたる

詳しくは、トヨタ自動車のニュースリリースをご覧ください。

スープラ 車両情報はこちら https://toyota.jp/supra/

[ 全店共通 ]

営業時間 9:30~18:00休業日イベント開催日